ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

【サッカースパイク】主要3メーカーの最新テクノロジーを解説

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

【サッカースパイク】主要3メーカーの最新テクノロジーを解説

2019/06/28

【サッカースパイク】主要3メーカーの最新テクノロジーを解説

 

サッカーをプレーする上で欠かせないアイテムがスパイクです。

有名選手の履くスパイクは、一体どんなスパイクなのか気になる方も多いでしょう。

そこで今回、サッカースパイクの大手3社「ナイキ・アディダス・プーマ」のフラッグシップモデルと最新テクノロジーをご紹介します。

サッカーをプレーするかたはもちろん、有名選手が履いているスパイクに興味がある方もぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

サッカースパイクの最新テクノロジーを解説「主要3メーカーの最新スパイク」

さっそくサッカースパイクを手がける世界的ブランド3社の最新スパイクとテクノロジーをご紹介していきます。

 

 

◆ナイキ『PHANTOMVSN』

 

 

ロシアワールドカップ後に発表されたナイキの最新スパイク『PHANTOMVSN』は、靴下のような形状とインサイドを覆う個性的な形状が目を引きます。

見た目の好き嫌いは分かれるところですが、このスパイクにはナイキの最新テクノロジーが惜しみなく投入されています。

この印象的な形状に込められた最新技術を見ていきましょう。

 

・精密なコントロールを可能にする3つの機能

ナイキが今回のスパイクで目指したのは「精密さ」。ボールタッチ、コントロール、フィニッシュいずれも高いレベルでプレーできるよう、新たに3つの新機能が搭載されています。

 

・「クアッドフィット メッシュ」は高いフィット感が魅力

4方向にしか伸縮しない新素材「クアッドフィット メッシュ」。一般的な繊維はあらゆる方向に伸び縮みするのに対し、こちらの新素材は特殊な折り目で伸縮する方向を限定することで、スパイクに要求される強度とフィット感を追求しています。

 

・「ゴーストレースシステム」はアッパーでも正確なキックを可能にする

「ゴーストレースシステム」はその名前の通り、靴紐を隠す仕組みのことです。靴紐のあるアッパー部分を2層構造にし、靴紐をすっぽり覆う形状となっています。アッパーに平らな面を作ることで、より正確なキックが可能に。さらに、靴紐は圧力が分散する仕組みとなっており、靴紐を締めても理想的な形状を維持できるようになっています。

 

・「フライニット」でより正確なインサイドキックが実現

前作でも採用された「フライニット」にも、今回新たなテクノロジーが採用されています。

よく見ると表面には無数の凹凸が付いており、この加工によりキック時にボールをしっかりグリップし、適切なキックをサポートする新技術です。これにより、サッカーで最も多用するインサイドキックにおいて、より正確なキックを可能にします。

 

主な着用選手

『PHANTOMVSN』の主な着用選手をご紹介します。

・ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー代表)

・フィリペ・コウチーニョ(ブラジル代表)

・レオン・ゴレツカ(ドイツ代表)

 

 

◆アディダス『ネメシス 19』

 

 

『ネメシス 19』は2019年5月10日から販売がスタートした、『アディダス』のフラッグシップモデルです。今回のスパイクに込められたテーマは、「フィット感」。

特にブランドアイコンでもあるメッシのような俊敏性を活かしたプレースタイル向けのスパイクです。

 

・「テンションテープ」で抜群のフィット感を実現

靴紐の代わりに、互い違いに織られたゴムによって首にぴったりフィットするのが「テンションテープ」の特徴です。足首からつま先までスパイクの大部分を占めるテンションテープは、靴紐では難しい足先までしっかりフィットします。靴紐を結び直す必要からも開放されるので、プレーに最大限集中できますよ。

 

・「シューレースレス構造」でスパイクの弱点を克服

靴紐を無くしたことで、アッパー部に凹凸が一切なくなり、ボールタッチやインフロントキックの正確性が増すことが期待されます。従来のスパイクは靴紐付近にボールが当たると正確に蹴れなかったり、アッパー部でトラップするとうまく足元に収まらないこともありました。シューレースレス構造はより正確なキックと足へのフィードバックを伝えてくれる理想的な構造です。

 

・「スプリット・トルションシステム」により爆発的な動きをサポート

スパイクのソールは通常つま先からかかとまで1つのパーツで構成されています。「スプリット・トルションシステム」では、土踏まず付近で2分割にする新しい靴底を採用しました。この構造により、シューズが激しい足の動きに取り残されない、シューズの可動域がさらに広がっています。

 

主な着用選手

『ネメシス 19』の主な着用選手をご紹介します。

・リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)

・イスコ(スペイン代表)

・ベルナルド・シウヴァ(ポルトガル代表)

・南野拓実(日本代表)

 

 

◆プーマ『PUMA ONE 19.1』

 


『PUMA ONE 19.1』は、『プーマ』の最新テクノロジーが満載されたスパイクです。最近新たに、グレー×グリーンの印象的なカラーリングが追加されています。

完璧な履き心地と俊敏な動き、極上のコントロールを実現する「PLAY PERFECT」を目指して作られました。国内でも愛用者の多い、『PUMA』の最新スパイクに込められたテクノロジーについて解説します。

 

・「プレミアムカンガルーレザー」でフィット感と繊細なタッチを両立

カンガルーレザーはかつて各社のフラッグシップモデルに必須の素材として利用されていました。その特徴は革の柔らかさと独特のクッション性で、ボールタッチの感覚を正確に足にフィードバックしてくれます。本モデルでは、アッパー全面を覆うように使うことで繊細なボールタッチが要求されるゲームメーカーやボランチの選手におすすめのモデルです。

 

・「エヴォニットシューホール&フューズフィット」で足にしっかりフィット

素足のような感覚を実現するという「エヴォニットシューホール」は、独自の形状でくるぶしの下までしっかりフィットしながら、違和感のない履き心地を両立しているのがポイントです。さらに、靴紐を通す位置を自由に選べる「フューズフィット」によって、最も感覚の合ったところに合わせられるカスタマイズ性も魅力。どのスパイクを履いても足へのフィット感が合わないような方も、一度試してみては。

 

主な着用選手

『PUMA ONE 19.1』の主な着用選手をご紹介します。

・ロメル・ルカク(ベルギー代表)

・セルヒオ・アグエロ(ブラジル代表)

・東口順昭(日本代表)

 

 

サッカースパイクは着心地をしっかり確認する

ここまでサッカースパイクを手がける有名ブランド『ナイキ・アディダス・プーマ』のフラッグシップモデルと搭載される最新テクノロジーをご紹介しました。

スパイク選びでは、こうしたテクノロジーも気になりますが、最も重要なのは足にフィットした感覚のスパイクを選ぶこと。どんなにテクノロジーが詰め込まれたスパイクでも、足に合っていなければ効果が十分に発揮できません。

ぜひ、記事も参考にしながら、自分にぴったりのサッカースパイクを探してみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分