ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

どんなスタイルを目指す?テニスのプレースタイル一覧

祝 2025年 大阪万博決定 祝 2025年 大阪万博決定

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

どんなスタイルを目指す?テニスのプレースタイル一覧

2019/07/01

どんなスタイルを目指す?テニスのプレースタイル一覧

 

テニスの戦い方は、4つのプレースタイルに分けることが出来ます。

フェデラー選手、錦織選手、ナダル選手などはいずれも違うタイプの選手です。

今回、それぞれのプレースタイルの特徴や適正について解説しました。

テニスをやっている方はぜひ、どのプレースタイルに当てはまるのか確認してみましょう。

 

 

テニスのプレースタイルとは?

トッププロの試合を見ていて、凄すぎて全く参考にならない選手が大勢いるなか、目標にできそうな選手がいることはないでしょうか。

そうした選手はご自身のプレースタイルに似ているか、感覚的に近いと感じているからかもしれません。

 

・オールラウンダー

・アグレッシブ・ベースライナー

・ネットプレイヤー

・カウンターパンチャー

 

このように、テニスのプレースタイルは4つに分類することが出来ます。

自身のプレーも、いずれかに当てはまっているはずです。

それぞれのプレースタイルの特徴をまとめたので、参考にしながら自身のプレースタイルに近いものを探してみてはいかがでしょうか。

 

オールラウンダー

隙のないプレーが魅力のオールラウンダータイプ。天才肌のプレーヤーともいえるでしょう。

 

 

特徴

・全てのプレーのクオリティが高い

・隙がなく、相手は戦略が立てづらい

・オールラウンダー自身は苦手な相手がいない

 

 

代表的な選手

どんなスタイルを目指す?テニスのプレースタイル一覧

wikipediaより Esther Lim [CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)]

・ロジャー・フェデラー選手

 

オールラウンダーはサーブとストローク、ボレー全てで平均以上のスキルを持つプレーヤーです。

どのプレーからでも攻めができることに加え、相手には弱点が見えず戦略が立てられない、戦いにくいという印象を与えます。相手のプレースタイルに左右されずに自分のプレーが出来るのも強みです。

オールラウンダーとしてプレーするためには、全てのプレーで相手を崩せる高いスキルが要求されます。

 

オールラウンダーが向いている人

・苦手なプレーがないという人

・相手に弱みを見せずに戦える人

・プレースタイルにとらわれず柔軟にプレーできる人

 

 

アグレッシブ・ベースライナー

相手を積極的な攻撃で打ち負かす、アグレッシブ・ベースライナーの特徴を見ていきましょう。

 

 

特徴

・攻撃的なスタイル

・ストロークの出来次第

・プレーの安定感に課題がある

 

 

代表的な選手

どんなスタイルを目指す?テニスのプレースタイル一覧

wikipediaより JC [CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)]

・錦織圭選手

・ノバク・ジョコビッチ

・スタン・ワウリンカ

 

アグレッシブ・ベースライナーは、ベースライン上でストロークをメインにゲームを組み立てるタイプとなります。

自分から攻撃的なショットを次々と繰り出していくタイプで、ストロークの調子が良いときは驚異的な力を見せる選手が多いのが特徴です。

スピンなどもよく使う傾向があり、相手を走らせて積極的にエースを取りに行きます。

また、錦織選手は世界屈指のリターンと足の速さ、スイングスピードを活かした、典型的なアグレッシブ・ベースライナーとして知られています。ミスが多いといわれることもある錦織選手ですが、攻撃的なプレースタイルが影響しています。

 

 

アグレッシブ・ベースライナーが向いている人

・ストロークの打ち合いが得意な人

・どんどん打ち込んで行きたい

・ノータッチエースを狙う人

 

 

ネットプレイヤー

ネットプレイヤーは、サーブ&ボレーが得意な選手や機動力があるプレーヤーに向いています。

 

 

特徴

・サーブ&ボレーが主体

・ビッグサーバー向き

・サーブの出来次第

 

 

代表的な選手

どんなスタイルを目指す?テニスのプレースタイル一覧

wikipediaより Steven Pisano from Brooklyn, NY, USA [CC BY 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/2.0)]

・イボ・カルロビッチ選手

・ジョン・イズナー選手

 

ネットプレイヤーはボレーを積極的に狙いに行くプレースタイルです。

強いストロークからネットに詰める選手、コースを突く正確なストロークからネットに詰める選手など、ボレーを狙う攻め方は人それぞれです。

また、サーブに自信のある選手は、サーブ&ボレーも積極的に狙ってきます。

サーブでサイドを狙うと甘い球が返ってきやすく、センターに打つとリターンに角度が付けにくいところを狙い、一気にネットまで詰める戦い方です。

 

ネットプレイヤーが向いている人

・ボレーに自信がある人

・早い展開を好む人

・サーブが早い・打ち分けられる人

 

 

カウンターパンチャー

じわじわ相手を追い詰めるカウンターパンチャーは、正確なショットを得意とする選手に向いたプレースタイルです。

 

 

特徴

・自らミスをしない

・相手のミスを誘うプレー

・左右に振り分け、相手を走らせる

 

 

代表的な選手

どんなスタイルを目指す?テニスのプレースタイル一覧

wikipediaより si.robi [CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)]

・ラファエル・ナダル選手

・アンディ・マレー選手

 

カウンターパンチャーは、チャンスが来るまで粘り強くラリーを続けるタイプ。

相手にチャンスボールを与えない、コーナーを突く正確な返球が中心です。

コントロール重視で左右に相手を揺さぶり、体力を消耗させバランスを崩すタイミングを待ちます。さらに、焦れた相手が強打を始めると、ミスの少ないカウンターパンチャーはさらに有利に働きます。

こうして余裕のなくなった相手の隙を見逃さず、鋭いストロークで決めに行きます。

また、ネットプレーにはすかさずロブで対応するなど、多彩なテクニックを持つ選手も多いです。

 

カウンターパンチャーに向いている人

・ストローク主体のプレースタイル

・ミスをしない堅実なプレーを好む

・攻めがあまり得意ではない

 

 

まとめ

テニスのプレースタイルは天才型のオールラウンダーから耐えるテニスをするカウンターパンチャーなど、戦い方にはそれぞれクセがあることがわかりました。

テニスをプレーしない方も、こうした特徴を知った上でテニス観戦すると、また新しい楽しみ方が出来ることでしょう。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分