ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

テニス部活メニューに使える!おすすめ練習と上達するコツを解説

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

テニス部活メニューに使える!おすすめ練習と上達するコツを解説

2019/06/01

テニス部活メニューに使える!おすすめ練習と上達するコツを解説

 

みなさんは、テニスの練習において効率のいいトレーニングが行えているでしょうか。

練習時間やコートの数には限りがあり、満足な練習ができていないと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、限られた環境や時間で効率のいいトレーニングを行う練習メニューと上達のコツをご紹介します。

ご紹介する練習はいずれも汎用性が高いので、ご自身やチームのレベルに応じて工夫しながら取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

テニスの部活・レッスンで上達するコツ

テニスの部活やレッスンのうち、ボールを使った練習は主に次のような種類があります。

 

・球出し

・ラリー

・スマッシュ

・サーブ&リターン

・ミニゲーム

 

いずれもテニス上達のためには欠かせえない練習です。

一方、人数が多くコート数が少ないので満足な練習が行えないというケースも珍しくありません。

そこで次でご紹介するポイントを意識して、少しでも効率のいい練習を行いましょう。

 

動きながら打つ

テニスの練習において、お互いのいる場所にただ打ち合うラリーを行う姿が見られます。

ただ、試合では待っているところにボールが来ることはほぼありませんよね。

ラリーの練習自体は大切ですが、少し左右へボールを振るなど、動きを加えだけでより実戦的な練習になります。

左右にボールを振るスペースがない場合、ペアの体の向きを見ながらあえて逆方向に打つなど工夫すると、ただラリーを繰り返す練習に比べ効率のいいトレーニングとなります。

 

 1球のミスで交代

試合ではたった1球で勝負を分けるというシーンが多くあります。

そこで、テニスの練習でも、1球勝負にこだわるのがおすすめです。

練習では2球、3球ミスしてもそのまま続けるケースがありますが、そこで厳しく1球交代にすることで競争心も生まれます。

こうした僅かなことで、ワンプレーごとの集中力が高まり練習の質が上がるので、ぜひ試してみましょう。

 

常に試合を意識する

テニスの練習では、常に試合をイメージしながら練習に取り組むことが大切です。

試合をイメージすると、「相手が嫌がるプレーは何か」「バックを狙うべきか」といった考えになりがちですが、大切なのはそれだけではありません。

「今のコンディションでどう戦うか」をイメージしながら練習するのが大切です。

テニスの練習においても、どんな球でも決まる日や、逆にサーブが全然入らないなど調子が上がらない日があります。

試合でも同様のケースが考えられるので、調子の悪い日こそ何が出来るか意識しながら取り組むことが大切です。

「今日はコントロールが定まらない。なら深く強い球を打とう。」など、自分なりに工夫を凝らして練習に取り組む姿勢が重要になります。

 

 

テニス部おすすめ練習メニュー1.【球出し】

1人もしくは2人で球出しを行い、プレーヤーはストレートで相手コートに打ち込みます。

球出しの練習では、1人数球ずつ交代するのが一般的です。

プレーヤーの足が止まらないように、打ったら正面に戻り、次の球出しを行います。

この練習に慣れてきたら、球出しをする方の左右にボールを出しフォアとバック交互に打つ練習です。先ほどと同様に1球ごとに球出しをする方の正面に戻ります。

 

 

テニス部おすすめ練習メニュー2.【ラリー】

ネットを挟んで2組から3組のペアが互いにボールを打ち合います。

人数が多い場合は、控えるプレーヤーがラリーをする人の後ろで待機します。

試合を意識したトレーニングにしたい場合、1球ミスで交代し、勝った選手はそのまま残ります。

1球勝負にすることでプレーヤーの集中力を高めることができ、効率的な練習が可能です。

 

ショートラリー

サービスライン内で行う、距離の短いラリーです。ウォーミングアップにも使われます。

 

ロングラリー

2組ずつネットを挟んで通常の距離でラリーを行います。ストレートで打ち合うパターンとクロスで打ち合う、2種類のパターンがあります。

 

ボレーボレー

ボレーボレーはサービスラインの内側付近で、互いにボレーを打ち合う練習です。

人数が多い場合は、コートを横に使って3組同時に実施します。

 

 

テニス部おすすめ練習メニュー3.【スマッシュ】

プレーヤーはサービスライン付近からボールに合わせてポジションを取りスマッシュを行います。

この際、球出しをする方にポールが当たらないように注意が必要です。

スマッシュを受ける方を1人配置することで、より試合を意識したス練習ができます。

受ける側は実際に打ち返す必要はないので、左右に動きスマッシュのコースを消す動きを行うのがポイントです。

 

 

テニス部おすすめ練習メニュー4.【サーブ&リターン】

サーブの練習ですが、リターンを加えるとさらに効率のいい練習が可能です。

リターンを返せれば、そのままラリーを行なってもいいでしょう。

いずれも1球勝負、ミスしたら交代など事前にルールを決めて行うと緊張感のある練習ができるのでおすすめです。

対角線にコートを使うことで、2組同時に練習することができます。

 

 

テニス部おすすめ練習メニュー5.【ミニゲーム】

ミニゲームは実戦形式の練習となり、コート全面を使い1組ずつゲーム形式で練習を行います。

一般的にサーブ側のほうが有利となりますので、全体を2組に分け、一巡するかペアのミスごとにサーブ側とリターン側を入れ替えます。

また、ダブルスでミニゲームを行う場合は、ダブルス側も2組増やし全部で4組が入れ替わりながらミニゲームを行いましょう。

あらかじめ何ポイントで交代するか決めておき、効率よく練習できるようにしましょう。

 

 

レベルや状況に応じて練習を工夫しよう

今回は、テニスの部活やレッスンで行う基本的な練習をご紹介しました。

メンバーのレベルに応じて、目標のコーンを置くなど練習内容に工夫を凝らしてみてはいかがでしょうか。

テニスの試合では、足を止めてボールを打ち合う場面はほとんどありません。

練習においても、常に足を動かしながら打つようにすると、より実戦に近い練習ができるのでおすすめです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分