ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

テニスラケットのバランスポイントとは?仕組みと調整方法を解説

祝 2025年 大阪万博決定 祝 2025年 大阪万博決定

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

テニスラケットのバランスポイントとは?仕組みと調整方法を解説

2019/06/11

 

ラケットの重量配分を表す、バランスポイントはラケット選びの重要なポイントのひとつ。

プレイに大きな影響を与えるテニスラケットの「重さ」を測る表記ですが、こだわりすぎるとかえって扱いづらいラケットを選んでしまうことも。

そこで、バランスポイントの仕組みと併せて知っておきたいスイングウェイトとラケットの重量についてご紹介します。

 

初心者の方でもピッタリ重さのラケットを探すポイントもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

テニスラケットのバランスポイントとは?

テニスラケットの重心の位置を表す、バランスポイント。

スペック表で示される「バランスポイント」は、ラケットのグリップエンドから重心位置までの距離を示していて、「バランス」や「平均バランス」と表記するケースもあります。

バランスポイントの値が大きいほど、重心位置がグリップエンドから離れたラケットです。

 

 

バランスポイントの仕組みと特徴

カタログや商品説明で表記されているバランスポイントのうち、重心位置がグリップ側から離れているラケットをトップヘビー、グリップ寄りに重心が置かれているラケットをトップライトと呼びます。

また平均的なバランスポイントを持つラケットをイーブンバランスと呼び、適度な重量と振り抜き性の良さが人気です。

 

 

トップライト

 

テニスラケットのバランスポイントとは?仕組みと調整方法を解説

 

トップライトのラケットは、バランスポイントが31cm以下のタイプであることを指します。

ラケットの操作性に優れ、ネットプレーでより素早い反応が期待できます。相手の打球に対して素直にラケットを出せる点が人気です。

打球感がはっきり感じられるラケットが多く、しっかりと打ち返せる力のある方向き。

また、ラケットの遠心力を活かせないため、強い打球を打ってくる相手に打ち負けることがあります。

筋力に自身がない方や女性の場合、トップライトの中でもラケットの重量が重すぎないタイプがおすすめです。

 

 

トップヘビー

 

テニスラケットのバランスポイントとは?仕組みと調整方法を解説

 

遠心力を活かしたよく飛ぶラケットとして人気があるトップヘビーのテニスラケット。

主に、バランスポイントが32cm以上のアイテムを指します。

スイートスポットを意識しなくてもけっこう打ち返せてしまうので、初心者にも人気があります。

一方で、ややぼやけた打球感と素早いラリーに対応しづらいという特徴があり、ネットプレー中心の方は扱いにくさを感じてしまうかも。

 

 

イーブンバランス

 

テニスラケットのバランスポイントとは?仕組みと調整方法を解説

 

ラケットのほぼ中央に重心を持つイーブンバランス。どんなシーンにも対応するオーソドックスなタイプのラケットが多く見つかります。

難しいネットプレイも、トップライト同様に対応が可能です。

 

 

自分に合わせたラケット選びの3要素

 

テニスラケットのバランスポイントとは?仕組みと調整方法を解説

 

ご自身のレベルや求める性能からバランスポイントを選ぶ方が多くいらっしゃいますが、本記事では打ち方やスタンスなどご自身の特徴に合わせてバランスポイントを選ぶことをおすすめします。

そして、バランスポイントを選ぶ際は、スイングウェイトとラケットの重量という3つの要素を合わせて選ぶことが重要です。

ラケット選びのポイントをそれぞれ見ていきましょう。

 

 

実際に手に取ってみる

バランスポイントの違うラケットを手に取ってみて最初に感じるのは、重さの違いです。

軽い→トップヘビー→イーブンバランス→トップライト→重い

一概には言えないもののラケットの多くにこうした傾向があり、ラケットの重量設定の違いがバランスポイントに影響を与えているケースも多いです。

 

 

ラケットを振ってバランスの違いを確認

ラケットを手に取れば感覚的にラケットの重さの違いはわかりますが、プレー中に感じる重さはラケットを振ってみないとわからないので注意が必要です。

実際にラケットを振り、ご自身の感覚で握りやすい・振りやすいと感じるアイテム選びをおすすめします。

 

また、実際に振ることができない場合、バランスポイント・ラケットの重量・スイングウェイトを比較しながらラケットを選ぶようにします。

特に、実際にラケットを振りながらその負荷を測定する「スイングウェイト」はラケットの振ったときの違いをよく表しています。

 

 

スイングウェイトの違い

スイングウェイトの重さの違いが与える影響は次のとおりです。

 

テニスラケットのバランスポイントとは?仕組みと調整方法を解説

 

スイングウェイトの違いはテニスラケット選びのポイントひとつとして参考にできます。

しかし、スイングウェイトはバランスポイントやラケットの重量と同様に、他の要素や基本スペックの影響を受けるので、総合的な判断が必要です。

 

 

初心者の方は、専門家やテニス経験者に聞くのが一番

ご自身にぴったりのテニスラケット選びは、正直経験者であっても難しいといえます。

特に初心者の方は、フォームが定まっていないなどラケットを振ってもよくわからないケースもあるでしょう。

テニスショップの店員さんに聞いたり、テニス経験者に付き添ってもらうなど経験豊富な方の意見も参考にしながら、ラケット選びをするのがおすすめです。

 

 

テニスラケットのバランスポイントを調整する

 

テニスラケットのバランスポイントとは?仕組みと調整方法を解説

 

スイングウェイトは、バランサーと呼ばれるアイテムを利用することで、ご自身で調整することも可能です。

一方で、バランスポイントの調整は、ラケットの性能や扱いやすさに大きく関わってくるため初心者の方にはあまりおすすめはできません。

フォームがしっかりと身につき、ラケットの違いを感覚的に理解できる中級者から上級者の方は、ご自身の好みに応じてバランスポイントを調整してみてはいかがでしょうか。

 

テープタイプのバランサー

テープタイプのバランサーは、細かくバランスポイントを調整できるのがメリットです。

細かい調整効く分、ラケットの上下左右の重量バランスがアンバランスにならないよう、慎重に貼り付けてください。

 

鉛タイプのバランサー

鉛タイプのバランサーは、ガットとガットの間に通す形で装着するアイテムです。

微調整が効かないという欠点がありますが、ラケット自体の重量を大きく変えることが出来るので、腕力のある上級者向きのバランサーといえます。

 

 

バランスポイントにこだわりすぎず、ご自身に合ったラケット選びを

今回、ラケット選びにおいて大切なバランスポイントの仕組みや特徴をご紹介しました。

バランスポイントによってラケットの個性は大きく変わるので、初心者の方はあまりクセの強くないイーブンバランスのラケットがおすすめです。

また、バランスポイントにこだわるあまり、ラケット選びに失敗するケースも多いので、併せてスイングウェイトとラケットの重量も確認しておきましょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分