ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

テニス選手のオフっていつ?年間スケジュールについて

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

テニス選手のオフっていつ?年間スケジュールについて

2018/11/10

テニス年間スケジュール

 

1年を通してテレビでテニスの試合を目にすることが多く、オフシーズンがいつなのかご存知ない方も多いのではないのでしょうか?
今回は、テニス選手のオフシーズンと試合の年間スケジュールについてご紹介していきます。

 

プロテニス選手はオフシーズンがほとんどない!?

プロテニス選手は1月から11月がシーズンとなっていますので12月がオフシーズンとなります。
しかし完全に休めるのは1週間から2週間です。
トッププレイヤーになるとシーズンが終わってもイベントやメディアに出演する機会も多く、多忙です。メディア出演も、テニスを広めるために大切な活動なのです。

他のスポーツのオフシーズンはどうでしょう?
Jリーグで約2か月、プロ野球で約3か月です。
他のスポーツと比べてもテニスのオフシーズンが短いのがわかります。

また2018年10月10日には男子テニス世界ランキング5位のアレクサンダー・ズベレフ(21)が2019年から新形式になるデビスカップのスケジュールについて
「11月終わりから12月にかけてがオフシーズンだが、11月の終わりに10日間の試合を組むなんておかしい。オフが必要だ。」
と2019年に行われるデビスカップのファイナルラウンジを欠場する予定と伝えたのです。
さらには、
「長期シーズンになるため、多くのトッププレイヤーは1年の終わりには疲弊してしまっているだろう。」
とも言っています。

 

プロテニスの年間スケジュール〜2018〜

12/31(2017)~1/7 ブリスベン国際男子
12/31(2017)~1/6 ブリスベン国際女子
12/31(2017)~1/6 深セン.オープン
1/1~1/6  カタール・エクソンモービル・オープン
1/1~1/6  タタ・オープン・マハーラシュトラ
1/1~1/6  ASBクラシック女子
1/7~1/13  シドニー国際男子
1/7~1/13  シドニー国際女子
1/7~1/13  ホバート国際
1/8~1/13  ASBクラシック男子
1/15~1/28 全豪オープン
1/29~2/4  台湾オープン
2/2~2/4  デビスカップ1回戦
2/5~2/11  南フランス・オープン
2/5~2/11  ソフィア・オープン
2/5~2/11 エクアドル・オープン
2/10~2/11 フェドカップ1回戦
2/12~2/18 ABNアムロ世界テニス・トーナメント
2/12~2/18 ニューヨーク・オープン
2/12~2/18 アルゼンチン・オープン
2/12~2/18 カタール・トータル・オープン
2/19~2/25 リオ・オープン
2/19~2/25 オープン13・プレヴァンス
2/19~2/25 デルレイ・ビーチ・オープン
2/19~2/24 ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権女子
2/19~2/25 ハンガリー女子オープン
2/26~3/3  アビエルト・メキシコ・テルセル男子
2/26~3/3  ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権男子
2/26~3/4  ブラジル・オープン
2/26~3/5  アビエルト・メキシコ・テルセル女子
3/7~3/18  BNPバリパ・オープン女子
3/8~3/18  BNPバリパ・オープン男子
3/20~3/31 マイアミ・オープン女子
3/21~4/1  マイアミ・オープン女子
4/2~4/8  ボルボ・カー・オープン
4/2~4/8  アビエルト・GNPセゴロ
4/6~4/8  デビスカップ準々決勝
4/9~4/15  ハッサン2世グランプリ
4/9~4/15  フェイズ・サロフィム&Co.米男子クレーコート選手権
4/9~4/15  レディース・オープン・ルガーノ
4/9~4/15  クラロ・オープン・コルサニタス
4/15~4/22 モンテカルロ・ロレックス・マスターズ
4/21~4/22 フェドカップ準決勝
4/23~4/29 バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル
4/23~4/29 ガスプロム・ハンガリー・オープン男子
4/23~4/29 ポルシェ・テニス・グランプリ
4/23~4/29 TEB BNPパリバ・イスタンブール・カップ
4/30~5/6  ミレニアム・エストリル・オープン
4/30~5/6  BMWオープン
4/30~5/6  TEB BNPパリバ・イスタンブール・オープン
4/30~5/5  J&Tバンク・プラハオープン
4/30~5/5 SARラ・プリンセス・ラーラ・メリヤム・グランプリ
5/5~5/12 ムチュア・マドリッド・オープン女子
5/6~5/13 ムチュア・マドリッド・オープン男子
5/13~5/20 BNLイタリア国際男子
5/14~5/20 BNLイタリア国際女子
5/20~5/26 バンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーヴ・オープン
5/20~5/26 リヨン・オープン
5/20~5/26 ニュルンベルク・フェアズィヒェッルング・カップ
5/20~5/26 ストラスブール国際
5/27~6/10 全仏オープン
6/11~6/17 メルセデス・カップ
6/11~6/17 リコーオープン男子
6/11~6/17 ノッティンガム・オープン女子
6/11~6/17 リコーオープン女子
6/18~6/24 ゲリー・ウェバー・オープン
6/18~6/24 クイーンズクラブ選手権
6/18~6/24 クラシック・バーミンガム
6/18~6/24 マヨルカオープン
6/24~6/30 アンタルヤオープン
6/24~6/30 インターナショナル・イーストボーン女子
6/25~6/30 インターナショナル・イーストボーン男子
7/2~7/15 ウィンブルドン
7/16~7/22 スキースター・スウェディッシュ・オープン
7/16~7/22 プラバラグナ・クロアチア・オープン
7/16~7/22 デル・テクノロジー・ホールオブフェイム・オープン
7/16~7/22 ブカレスト・オープン
7/16~7/22 レディース・チャンピオンシップス・グシュタード
7/23~7/29 ドイツテニス選手権
7/23~7/29 BB&T アトランタ・オープン
7/23~7/29 J.サフラ・サラシン・スイス・オープン
7/23~7/29 モスクワ・オープン
7/23~7/29 チャンシー・女子オープン
7/30~8/5 シティ・オープン男子
7/30~8/4 アルベルト・メキシカーノ
7/30~8/4 ジェネラーリ・オープン
7/30~8/5 ベイ・エリア・クラシック
7/30~8/5 シティ・オープン女子
8/6~8/12 ロジャース・カップ男子
8/6~8/12 ロジャース・カップ女子
8/12~8/19 ウエスタン&サザン・オープン男子
8/13~8/19 ウエスタン&サザン・オープン女子
8/19~8/25 ウィンストン・セーラム・オープン
8/20~8/26 コネチカット・オープン
8/27~9/9 全米オープン
9/10~9/16 クーペ・バンク・ナショナル
9/10~9/16 ジャパン・ウィメンズ・オープン
9/15~9/17 デビスカップ準決勝
9/17~9/23 サンクトペテルブルク・オープン
9/17~9/23 モゼール・オープン
9/17~9/23 東レ・パンパシフィック・オープン
9/17~9/23 広州国際女子オープン
9/17~9/23 韓国オープン
9/24~9/30 成都・オープン
9/24~9/30 深セン・オープン
9/24~9/30 武漢・オープン
9/25~10/1 タシケント・オープン
10/1~10/7 チャイナ・オープン男子
10/1~10/7 楽天ジャパン・オープン
10/1~10/7 チャイナ・オープン女子
10/7~10/14 上海・ロレックス・マスターズ
10/8~10/14 プルデンシャル・香港・オープン
10/8~10/14レディース・リンツ
10/8~10/14天津・オープン
10/15~10/21 VTB クレムリン・カップ
10/15~10/21ヨーロピアン・オープン
10/15~10/21イントゥルム・ストックホルム・オープン
10/15~10/21クレムリン・カップ
10/15~10/21 BGL BNPパリバ・ルクセンブルク・オープン
10/22~10/28エルステ・バンク・オーストリア
10/22~10/28スイス・インドア
10/22~10/29 BNPパリバ・WTAファイナルズ
10/29~11/4 BNPパリバ・マスターズ
10/29~11/4 WTA エリート・トロフィー
11/6~11/10 ATP Next Genファイナルズ
11/10~11/11 フェドカップ決勝
11/11~11/18 ATPファイナルズ
11/23~11/25 デビスカップ決勝

 

これらの試合の中から、各選手は出場大会を決定します。
試合は色々な国で行われますから、選手は移動にも大変なコストと労力がかかります。
参加大会の頻度や回数は選手それぞれですが、少ない選手で20大会弱、多い選手では30大会程度出る人もいるようです。

世界ランキングポイントの計算方法は、過去52週間に出場した大会のうち上位18大会の結果によって決まるため、少なくとも18大会は出なければならないといえます。

また、前年のATPランキング上位30位までの選手には、グランドスラム全て(全豪・全仏・全英・全米の4大会)、マスターズ1000(モンテカルロ以外の8大会)、ATP500(11大会中4大会。そのうち1大会は10月以降の大会に出場)に出なければならないという義務もあります。

参考までに、錦織選手が2017年に出場を予定していた大会の月別回数をご紹介しましょう。
参加予定だった大会は
1月2大会、2月3大会、3月2大会、4月1大会、5月4大会、6月1大会、7月1大会、8月3大会、10月3大会、11月1大会
の21大会でした。
残念ながら8月13日以降に予定していた大会には、右手首の怪我によって欠場しています。

 

最後に

年間スケジュールを見てもわかる通り、テニスのオフシーズンはとても短いです。
トッププレイヤーになると、オフシーズンもテニス以外の仕事があり、ゆっくり休養することが難しいようです。
長い試合を戦うテニス選手は、休める時にゆっくりと休んで、怪我のないよう、いい試合にしてもらいたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分