ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

フットサル界の天才!リカルジーニョはどんな選手?生い立ちと経歴を解説

祝 2025年 大阪万博決定 祝 2025年 大阪万博決定

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

フットサル界の天才!リカルジーニョはどんな選手?生い立ちと経歴を解説

2019/08/11

 

フットサルをプレーしている方なら、リカルジーニョの名前を聞いたことがあるはず。

世界最高のプレーヤーとして、フットサル界で広く認められている選手です。

 

今回は、至宝とも呼ばれるリカルジーニョについて、生い立ちや経歴を詳しくご紹介。

日本の名古屋オーシャンズのFリーグ6連覇にも大きく貢献したリカルジーニョについて、ぜひチェックしてみてください。

 

 

フットサル界の至宝・リカルジーニョとは?

フットサル界の至宝とも呼べる、リカルジーニョ。本名は、リカルド・フェリペ・ダ・シルバ・ブラガといいます。

卓越したテクニックで次々と相手選手を抜き去っていく、優れた足技が一番の武器です。

 

サッカーをやっていたリカルジーニョは、幼少期から足元のテクニックを高く評価されていました。10代でサッカー選手としてキャリアをスタートしたが、160cmと小柄な体格がサッカーに向かないと感じ、15歳のときにフットサルに転向。

 

ポルトガルの名門クラブのひとつSLベンフィカに加入し、10年の在籍中に世界最高クラスのフットサル選手と評価される選手に成長しました。2009−10シーズンにはヨーロッパで頂点の座を争うUEFAフットサルカップ(現在のUEFAフットサルチャンピオンズリーグ)の優勝に大きく貢献。

 

ポルトガル代表としても、自国開催となった2007年のUEFAフットサル選手権でアラとしてチームを4位に導く活躍を見せ、同大会の優秀選手賞を受賞しました。

ハンガリーで2009年に開催された同大会では準優勝するなど、代表でも卓越したプレーを見せています。

 

 

リカルジーニョは日本のFリーグでもプレー経験あり

フットサル界の天才!リカルジーニョはどんな選手?生い立ちと経歴を解説

2010-11シーズン、すでに世界最高の選手としての地位を確立していたリカルジーニョは、2007年にプロリーグが発足したばかりの日本のプロフットサルチーム、名古屋オーシャンズへ3年契約での移籍を発表し周囲を驚かせました。

 

当時名古屋オーシャンズで監督を努めていたアジウ監督は、リカルジーニョのSLベンフィカ時代に世界最高の選手に育て上げた監督です。

来日後、最初の公式戦デビューとなったのは、Fリーグ大洋薬品オーシャンアリーナカップの決勝戦。初出場とは思えないプレーで周囲を圧倒し、2得点を記録。大会優勝に貢献する活躍を見せます。

 

リーグ戦においても、Fリーグ開幕から続く4連覇に大きく貢献。1年目でMVPとベストファイブ賞を受賞し、日本のフットサルファンを大いに沸かせました。

 

翌年以降も活躍が期待されましたが、2011年に発生した東日本大震災に伴い放射能問題などを理由に、ロシアの強豪CSKAモスクワに1年間のレンタル移籍することに。その後契約を延長し、翌年は名古屋でプレーして6連覇に貢献。

その後、2013シーズンにスペインのインテル・モビスターへ移籍しました。

 

日本でのプレー期間は実質2シーズン余りでしたが、圧倒的なテクニックで周囲を翻弄する姿を覚えている方も多いでしょう。当時、日本のフットサルではリカルジーニョに関する書籍やDVDが多く発売され、多くのプレーヤーがその技を競い合うように練習する光景が見られました。

 

 

クリスティアーノロナウドと比較される天才

リカルジーニョのプレースタイルは、よくクリスティアーノロナウドと比較されます。

相手が足を出すまで執拗にフェイントを仕掛け、止めに来たところで抜いていくスタイルが似ています。

 

一方で、フェイントのかけ方をよく見てみるとやや違いがあることに気づきます。

クリスティアーノロナウドは主に上半身を大きく動かして相手の動揺を誘ったり、細かくステップを踏むなどボールを触らずにフェイントをしかけます。

 

対してリカルジーニョは、ボールを足の裏で転がしたり時にはボールの上に乗るなど、ボールを左右に動かすフェイントが特徴です。フットサルだけでなくサッカー界を探しても、リカルジーニョほどボールを自在に動かすことができる選手はいないのではないでしょうか。

 

また、リカルジーニョはパスやシュート、ディフェンスといった、フットサルで求められるプレー全てにおいて世界レベルです。そこで相手チームは、対策としてリカルジーニョに対し2人がかりで止めに行くケースが増えましたが、それでも抜き去っていくテクニックの高さはまさに圧巻です。

 

 

2018シーズン、リカルジーニョは6度目の世界一に輝く

リカルジーニョは2018シーズンの終了後、フットサル界のバロンドール「アンブロフットサルアウォーズ2018」において、通算6度目となる世界一の称号を手にしました。

 

アンブロフットサルアウォーズ2018は、世界中のチームの監督や記者などが、そのシーズンで活躍した選手に投票し優秀選手を決めるもの。今回も2位以下に大差をつける形となり、そのパフォーマンスはまさに衰え知らずです。昨シーズンは、彼の得意技である挟んだボールを背中側から浮かせて相手を抜き去る、ヒールリフトを使ったシーンなど多くのプレーでフットサルファンを沸かせました。

 

 

リカルジーニョはフットサル界で最高の選手

現在33歳になったリカルジーニョは、長きに渡って世界最高の選手としてフットサル界を牽引しています。

過去の選手を見渡してもこれほど多くの結果を残してきた選手は他にいないでしょう。

あと何年リカルジーニョのプレーが見れるのか分かりませんが、現役を続ける間はずっと世界最高の選手として活躍してもらいたいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分