ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

ガンバの新本拠地!パナソニックスタジアム吹田の魅力

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

ガンバの新本拠地!パナソニックスタジアム吹田の魅力

2019/04/29

ガンバの新本拠地!パナソニックスタジアム吹田の魅力

 

長年「万博記念競技場」をホームとしてきたJリーグ所属のガンバ大阪が2016年よりホームスタジアムとして使用しているパナソニックスタジアム吹田。
まだまだ新しいこの新本拠地の魅力を、余すこと無く紹介します。

 

 

超「お買い得」なスタジアム

従来ガンバ大阪が本拠地としてきた万博記念競技場は、陸上競技との併用スタジアムであったためトラックがあり、スタンドからピッチまでの距離が遠く、お世辞にも見やすいとは言いにくいスタジアムでした。
また一部を除いて屋根も無いため、雨天決行のサッカーを見るのに雨は天敵でした。
こうした背景があったため、専用スタジアムの建設はガンバサポーターの悲願であったわけです。

 

なんといってもパナソニックスタジアム吹田(以下パナスタ)は、その工事費のほとんどが寄付で賄われたことでも有名です。これは日本初の試みでした。
「自分たちの手で作るスタジアム」というキーワードはサッカーファンにとって惹かれるものがありますよね。

 

そのため一方で、極力コストを抑えて作る必要がありました。
そのため、予め材料を作って現地で組み立てる方式(プレキャスト方式)を採用する、シンプルな構造にするなどの工夫を通じ、大幅にコストを削減しています。

 

なんとその工事費はたった140億円、国立競技場が2520億円と言われていますから、その破格ぶりがわかるかもしれません。
ちなみに、同じサッカースタジアムの埼玉スタジアムは360億円ほどと言われています。半分以下で作るとは、まさに関西らしいコストパフォーマンス抜群のスタジアムと言えるかもしれません。

 

 

国際基準の一流スタジアム

先にご紹介したように、パナスタがとても安く建設されたことを見ると、「安っぽいスタジアムなんじゃない?」と思われる方がいるかも知れません。

いえいえ、実は日本でも指折りの超一流スタジアムなんです。

 

実はパナスタ建造の動機に、万博記念競技場ではACLやFIFAの要件を満たしていない、という切実な思いがありました。
そのため、国際基準に達するスタジアムを作らなくては、というのがそもそものスタートラインだったわけです。

座席数は4万人規模と、非常に収容能力が高いスタジアムです。
国際試合などの開催には開催者側から座席数が一定以上といった制限がつけられることも多いため、想像以上に重要となるのです。

 

また特筆すべきは、スタンドからピッチまでの近さです。
なんと日本の基準で最短となる7m。埼玉スタジアムが14m、カシマスタジアムで15mといいますから、その圧倒的な近さがわかるかと思います。

さらにピッチからの高さも1.5mと、圧倒的に低いです。この迫力はぜひ、スタジアムで体験してみてください。
きっと今までのサッカー観戦のイメージが覆るでしょう。なかなか席は取りづらいですが、ぜひ最前列で観戦してみてください。

 

 

実際に行って、観戦してみよう!

スタジアムは新しくなりましたが、かつて本拠地としてきた万博記念競技場とほど近い場所にパナスタは立地しています。

 

大阪モノレールの万博記念公園駅、もしくは公園東口駅から歩くことになります。
公園東口駅のほうが少し近いですが、導線が分かりづらいので利便性はあまり変わりません。
もし遠方から来られるのでしたら、万博記念公園駅からアクセスされることをおすすめします。
エキスポシティという大型商業施設があり、水族館や多くのレジャー施設があるのです。
試合までに時間があれば、ぜひお立ち寄りください。

 

さて、駅から歩いていくとスタジアムの大きな姿が目に飛び込んできます。
シンプルながら迫力のあるその姿は、まさに機能美にあふれていると言えるでしょう。

屋根があるので雨は基本的に気になりませんが、あまり前列だったり風の強い日だったりすると雨が吹き込んでくるときがあります。
雨がとても強い日などであれば、念のためにカッパなどを用意されることをおすすめします。

 

本拠地であるガンバ大阪の試合が多いですが、その下部組織であるJ3、ガンバ大阪U-23の試合も開催されることもあります。
J1と比較して空いているので、サッカーをのんびりといい席で楽しみたい方にはオススメです。

 

数々の代表選手を送り出してきたガンバユースの若手ですから、そうした若手の活躍を楽しむのも良いものです。
試合が始まったら、ぜひ「日本一の近さ」で迫力を味わってください。
近年はJリーグでもナイターが多く組まれています。ナイターでみるサッカーもまた格別です。

 

 

さいごに

こうしたサッカーに特化した国際基準の専用スタジアムは、関西にはノエビアスタジアム神戸しかありませんでした。
パナソニックスタジアム吹田の存在は、数々の名選手を生んだ関西という土地のサッカー文化を、もう一段引き上げてくれることでしょう。

 

これからも関西サッカーの発展に期待したいですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分