ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

初心者ためのスノーボードウェア基本情報、何を揃えれば良い?

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

初心者ためのスノーボードウェア基本情報、何を揃えれば良い?

2018/12/17

初心者ためのスノーボードウェア基本情報、何を揃えれば良い?

 

よし、スノーボードを始めよう!!
そう思ったけど、実際何を着て行けばいい??
何を買ったらいいのかわからない…そんなあなたに、スノーボードをする時に何を着たらいいのか、そしてスノーボードウェアの選び方、を紹介いたします。

 

 

スノーボードウェアってなに?

スノーボードウェアとは、ファーストレイヤー、セカンドレイヤーの上に着る、スノーボードをする際に着用するアウターのことを言います。
スキーウェアと比べて中に着込むことを前提としているため、シルエットが大きめで、薄手の素材であることが多いです。またスノーボードはスキーより転びやすいため、各所にパウダーガードがついています。

「え?ファーストレイヤーって何?」と思った人もいると思うのでご説明しましょう。
ファーストレイヤーとは別名アンダーウェア。下着のことですね。一番初めに着るのでファーストレイヤーと呼ばれています。
そして御察しの通り、セカンドレイヤーはアンダーウェアの上に着る服のことです。

 

 

初心者だし安いのでいい!?

まだ初めてでハマるかもわからないし安いやつでいいや。そう思う方も少なくないと思います。
しかし、それは待った!!
スノーボードは、雪の上に座っている時間が長いです。座っている間におしりに水がしみ込んできたら、もう楽しくありません。
スノーボードを心から楽しむためには、ある程度の機能を備えたウェアを選び、快適に過ごすことも重要です。

 

 

スノーボードウェアで重要なのは?

スノーボードウェアで重要なのは「防水性・透湿性」です。

 

<防水性とは…>

防水性が重要なのは、先ほども言ったように雪の上に座る時間が長いため、座っていてもおしりに染み込まないウェアである必要があるからです。

防水性とは生地の表面に水滴がついている状態で、外側から抑えつけられた場合でも、水が浸透、侵入しないことをいいます。
撥水性という言葉もよく聞きますが、こちらは表面では水滴は弾きますが、外側から抑えられた場合、浸透してしまいます。
よって、雪の上に座ることの多いスノーボードでは防水性を選ばないといけません。
同じ防水性でも機能に違いがあります。

防水性は「耐水圧」で示され、1平方センチあたり、どの程度の水圧がかかっても染み込まないかを示しています。
スノーボードの場合は、耐水圧が10,000mm以下のウェアはおススメできません。

 

<透湿性とは…>

透湿性が重要なのは、運動をして汗をかいても服の中が蒸れにくくする必要があるからです。

水も空気も通さないものを不通気性、水は通しにくく空気は通しやすいものを通気性と言います。
運動していると汗でウェア内が蒸れることがあるため、蒸れないように改良されたのが通気性加工。有名なのはゴアテックス(GORE-TEX)で、水は通しにくく空気は通しやすい、こういった素材を「透湿性素材」といいます。

「透湿性」は、「mg/m2/24h」という単位で表示され、生地1平方メートルあたり、24時間で何gの水分を透過させる(外に出す)ことができるか、という意味です。
透湿性素材は高いので、透湿性の高いスノーボードウェアは値段もそれなりに高価です。

スノーボードウェアを選ぶ際、最重要視するべきは防水性だと思います。もちろん透湿性に優れているものを買うのが理想ですが、そこは値段と相談しつつ、浸透性はある程度のものでも問題はないと思います。

 

 

ウェアの他に何着ればいい?

ウェアの選び方は上記で紹介した通りで、じゃあその下は?何着ればいいの?となりますよね。
上半身のファーストレイヤーには薄めの肌着やTシャツを着ている方が多いようです。
ファーストレイヤーには吸湿速乾性・保温力があり、アウターの機能を最大化できるものを選ぶ必要があります。街着のインナーとは違う、ということを覚えておいてください。

次にセカンドレイヤーですが、こちらもファーストレイヤー同様保温力があり、湿気を逃がしてくれる服が良いです。例えば、フリースやインナーダウン、トレーナーやパーカーが挙げられます。
特に初心者の人は、どれほど汗をかくかわからないので、前を開けて調節できる前開きの服をオススメします。

下半身のファーストレイヤーにはレギンスやタイツ、セカンドレイヤーには伸縮性のあるスウェットパンツを着用している人が多いです。
そして下半身で外せないのがプロテクター、いわゆる「ケツパッド」です。おしりから転ぶことが多いので、初心者の場合は時に、プロテクターでおしりを守っていれば安心です。

寒がりの人は、保温性に優れたスノーボード用の靴下を履いておくと良いでしょう。

 

 

手袋やゴーグルなどの小物も忘れずに

防水手袋、ゴーグル、帽子などの小物も忘れないように。これらはスキーと兼用でも問題ないでしょう。
意外となくて困るのがリフト券ケース。スノーボードウェアについていない場合は用意しておくといいですよ。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
たくさんの機能面をお伝えしましたが、機能ばかり重視していても、自分の好きなデザインに出会えるかわかりません。デザインと機能面を比べつつお気に入りの一着を探してみてください。

またレンタルを一度借りてみて、メーカーの良し悪しを見るのもいいかもしれません。
真っ白な雪の中ですので、これちょっと派手すぎないかな?くらいの方がオシャレに見えることも多いです。是非普段着ない色や柄にも挑戦してみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分