ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

今、社会人野球・日本選手権が面白い!

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

今、社会人野球・日本選手権が面白い!

2019/04/13

今、社会人野球・日本選手権が面白い!

 

みなさん、社会人野球日本選手権大会はご存知でしょうか?
野球好きの方が、社会人野球の大会と聞いて思い浮かべるのはまず都市対抗野球大会かと思います。
しかし!日本選手権こそが社会人野球の醍醐味が詰まった、最高に面白い大会なんです!

 

社会人野球についてより詳しい記事はこちらから

社会人野球について解説。選手は普段働いているの?などいろんな疑問に答えます。

 

 

社会人野球・日本選手権って?都市対抗との違いは?

社会人野球の全国大会として、大きく分けて都市対抗野球大会、日本選手権大会の2つがあります。二大大会とも言われますね。
そのなかでも知名度があるのはやはり、都市対抗の方ではないでしょうか。

 

都市対抗野球が1927年に創設されたのに対し、日本選手権は1974年開始と比較的新しい大会です。
また日本選手権は会場が何度も変更されてきた歴史を持ち、京セラドーム大阪に固定されたのは1997年のことになります。

都市対抗と同じく毎日新聞が主催しています。試合前には、注目選手を集めた毎日新聞の号外のようなものが配られるなど、力を入れた宣伝活動を行っています。

開催時期は11月前半に行われます。プロ野球ドラフト会議が行われるのは10月ですから、ドラフト会議の後に行われる日程です。
このあたりも、日本選手権の知名度の低さに影響しているかもしれません。

 

では、なぜ日本選手権こそが観るべき大会なのでしょうか?

 

 

社会人チーム自身の力を観ることができる!

これは日本選手権の一番の魅力と言えるでしょう。

都市対抗野球大会の大きな特徴として、補強選手の存在があげられます。
これは本大会に出場したチームが、同地区で敗退したチームの選手をレンタルで3人まで借りる事ができるという制度です。

ドラフトのときなどに、「〇〇の補強選手として都市対抗に出場」などという言い方を聞いたことがあるかもしれません。
有力選手はチームが敗退したとしても、こうした補強選手として出場できるのです。

これは都市対抗が「その地区の代表として戦う」という背景があるからです。

 

昨年三菱重工神戸・高砂が、エース守安投手と日本生命からの補強選手・藤井貴之投手のダブルエースで決勝まで進んだのは記憶に新しいですね。
補強選手の重要さがよく分かる例かと思います。

もちろん、補強選手は都市対抗の醍醐味です。しかし、3人も有力選手を補強できるという特性上、もとのチームから大きく打線などが変わってしまうのです。

また、有力チームが多い地区ほど、強力な補強選手を獲得することができますが、チームが少ない地域はそれが難しいのが実情です。

近畿、関東地区のチームが有力選手を大量に獲得できるのに対して、四国地区のチームなどは、補強選手を選ぶ幅が狭くなってしまっています。

その点、日本選手権はチームそのもので戦います。日本選手権で勝てるチームこそが、本当に強いチームと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

 

ドラフト後だからこそ面白い!

日本選手権の課題としてよくあげられるのが、ドラフト後に開催がある、ということです。

確かに選手にとってはドラフトのアピールになりにくいです。
また、京セラドーム大阪を利用している手前、オリックス・バファローズとの兼ね合いもあり、なかなか日程繰り上げも難しいのが現状です。

ですが、観る側にとってはドラフト後だからこそ面白いのです!

 

社会人野球は、大学野球や高校野球以上にドラフトの傾向が読みにくいです。
注目と言われていた選手でも指名漏れすることもしばしばで、逆にまさかこの選手が?という選手が指名されることも珍しくありません。
プロ志望届が必要ないという点も拍車をかけています。

だからこそ、指名後に観ることができる日本選手権はとても面白いのです。

球場で500円ほどで売っている名鑑を片手に、ドラフト指名選手にチェックを入れて試合を見れば、面白さ倍増です。

自分の贔屓のチームがあってもそうでなくとも、ドラフト指名選手を中心に試合を観戦するのは社会人野球の入り口として良いものです。

 

 

関西開催だからこその魅力

都市対抗が行われるのは毎年東京ドームですが、日本選手権は京セラドーム大阪で行われます。

なので関西圏の野球ファンは日本選手権のほうが見に行きやすいですね。

また都市対抗と比較して席が空いていることも多いので、基本的に全席自由席の日本選手権なら最前列のかなりいい席で試合を見ることも簡単です。
名物のいてまえドッグを始め、物販もプロ野球開催時とあまり変わらず開いているので、ビール片手に試合を楽しむこともできます。

京セラドーム大阪は阪神、JR、大阪市営地下鉄と非常にアクセスの良い球場ですから、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

 

最後に

野球ファンの方でも、社会人野球、さらには日本選手権を観るという方はあまりいないのではないでしょうか。

私は、日本選手権にこそ社会人野球の楽しさが詰まっていると思います。
最近は毎日新聞のサイトで無料で中継されていることも多いので、ぜひ一度見てみてください。
きっと、社会人野球の魅力に気づくはずです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分