ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

草野球をやろう!まず、球場を借りるには?

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

草野球をやろう!まず、球場を借りるには?

2019/04/10

草野球をやろう!まず、球場を借りるには?

 

友人と行う草野球、いつだって楽しいものですよね。

しかし大人になってからやる草野球は、まさか公園でやるわけにもいきません。

そんな草野球のキモである球場、どうやって借りればいいのでしょうか?実は、プロ野球の球場だって借りれるんです!

 

 

草野球をやろう!

昔の仲間や、知り合いとワイワイ楽しむ草野球は、本当に楽しいです。

もちろん腕前なんて関係なく、思いっきり降ったバットに当たったボールが内野を超えた瞬間はいくつになっても忘れられない最高の瞬間です。

 

しかし、そこで一つ憂鬱なのは場所の確保の問題です。

 

今まで試合をやっていたところに入れてもらう、という場合はある程度決まった場所があるかもしれませんが、一から久しぶりに集まった仲間でやることになって、更に幹事となれば、これは悩みどころです。

 

漫画のように公園でやるわけにもいきません。窓ガラスを割って出てきた親父に怒られる・・・まったくシャレにならない事態です。

 

では、どうやって場所、球場を探せば良いのでしょうか。大きく分けて、

 

・公営の公園併設のものを借りる

・公共団体等のスポーツ公園のものを借りる

・プロなども使う専用球場を借りる

 

の3つに分けられます。それぞれ解説していきましょう。

 

 

公営の公園併設のものを借りる場合

草野球をやろう!まず、球場を借りるには?

 

まずひとつの選択肢は、公営の球場を借りる選択肢です。

 

この選び方のメリットには、なんといっても値段のやすさがあげられます。

 

しっかりしたグラウンドの球場でも一時間千円からなど、とにかく破格の安さで借りることができます。これは利益を考えない公営ならではと言えるでしょう。

 

また、全体的に設備はあまり整っていない場所も多いですが、中には高校野球の予選として使われる場所もあったりなど、想像以上にしっかりとしているケースもあります。

 

借り方としては、自治体によって異なりますが事前登録制のケースが多いです。これが非常にネックになる場合が多いのです。

 

事前に団体として登録して、月々の抽選により利用者を選ぶ、という自治体も多いのですがこれがとても激戦なのです。一週間後に借りたいんだけど、といった利用はほぼできないと思っていたほうが良いかと思います。近年はネット予約システムが充実している反面、ネット予約システムへの登録は必須で、また固定の年会費がかかるケースも多いです。

 

予め日程が決まっていて、固定メンバーで試合をする場合はともかく、数カ月先の日程を決めて抽選に参加するというのはかなりのエネルギーを要します。

 

しかも都市部の場合、土日は特に激戦区となるので希望の場所は取れないことも多いです。車を使う前提で遠方、さらには隣県辺りまでを視野に入れて探すのが懸命かもしれませんね。

 

 

公共団体等のスポーツ公園のものを借りる

公営の球場の中にも、市や県が直接運営しているのではなく、財団法人などが運営している球場があります。

 

これは意外と狙い目で、公営のものほど利用条件が厳格ではなく、空きがあればなんとその週末に借りられるといったところもあるのです。

 

注意点としては地方自治体と共同で管理しているものも多く、そうすると前述の登録システムを経由する必要が出てきたりします。また同じ団体でも球場によってルールが違っていますので、電話での確認は必須です。公営にはしばしば見られるネット予約システムも、登録がない関係上あまり見られません。

 

 

プロなども使う専用球場を借りる

さて、ここまでは身近な球場のお話でしたが、なんとプロ野球の本拠地だって借りることができます。甲子園で野球をするなんて言うのは、野球ファンの夢と言えるかもしれませんね。

 

12球団の本拠地では、神宮球場以外すべて借りることができます。

登録方法はまちまちですが、概ね公営球場は先着制、それ以外は申し込み制を取っている所が多いかと思われます。

 

では、気になるお値段はどうなのでしょうか。

 

ドーム球場や、私営の球場は概してかなり高額となります。福岡ドームはそんな中でも飛び抜けて高額で、平日で500万(!)という少し手が出ない値段設定になっています。

 

ではドーム球場が全てとんでもないお値段かと言うとそうではなく、例えば札幌ドームでは土日でも20万円ほど、ナゴヤドームは時間帯にもよりますが3時間16万円ほどと、意外と利用できる価格帯になっています。

 

野球は多人数でするスポーツですから、一人一万円ほどと考えれば、あのあこがれのドームで野球をするというのも、粋なのではないでしょうか?なお、照明費などが別途かかる可能性もあります。

 

一方県営、市営のマツダスタジアムや宮城球場は、これらと比べて破格で利用することができます。しかしこちらは抽選や先着順なので他の公営球場と比べ物にならない激戦区になることは、頭に置いておいてください。

 

草野球をやろう!まず、球場を借りるには?

 

 

最後に

草野球をする時に立ちふさがる場所取りの問題。

 

しかし、意外と日本には多くの球場があるものです。車を使えば、意外と見つけることができます。

ちょっとした旅行がてら、球場に足を伸ばすのも、憧れのあの球場でプレイするのも、どちらも素敵なものです。

 

楽しい週末を迎えられることを、陰ながら応援しています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分