ロゴS ロゴP ロゴO ロゴT ロゴA ロゴK ロゴA

ノックはなぜ必要?守備技術の基礎を学ぼう

  • 英国旗
  • 中国旗
  • 韓国旗
  • 日本旗

BLOG

パソコン

ノックはなぜ必要?守備技術の基礎を学ぼう

2018/10/13

ノックはなぜ必要?守備技術の基礎を学ぼう

 

華麗にゴロを捌いてゲッツーを決める。野球のゲームの中で、最も華のあるシーンの1つです。
でも、鉄壁の守備を実現するためには、派手さとは縁のない、地道な練習で基礎を身につける必要があるのです。今回は、守備技術の基礎のついて考えてみたいと思います。

 

すべての守備技術のベースとなるキャッチボール

野球の守備において、必ず行われる基本的は「捕球して」「(対象まで)投げる」という一連の動作です。
これらの基礎技術を学ぶためには、何といってもキャッチボールが重要です。

 

捕球時には正しくグラブを出せているのかを都度確認し、キャッチしてからボールを素早く握り替え、そしてまっすぐに対象まで投げる。

 

これは、文字で書くと単純ですがなかなか簡単にできる作業ではありません。
繰り返し繰り返し同じ動作を行うことによって、身体に覚えさせることが重要です。

 

慣れてきたら、塁間キャッチボールを行うことをお勧めします。

 

まだ筋肉のついていない小・中学生であっても、少年野球では塁間が23mあり、プレートからホームベースまでは16mと規定されていますので、二塁からホームベースまでの距離は32mということになりますが、この距離を最低限しっかりしたボールが届くように、何度も投げ込むことが必要です。ランナーを刺すためには、これらの距離を何度も投げることになるからです。

 

守備の基本姿勢を身につける

キャッチャーという特殊なポジションは別として、内野・外野ともに守るためには打球に対して素早く反応することのできるポジション(姿勢)を取ることが必要です。

 

基本的な姿勢は、膝を軽く曲げ、やや低めの姿勢を取ります。
重心は左右はイーブンに、そしてやや前傾することが重要です。
なぜなら、内野手・外野手ともに、ほとんどの場合、打球は自分の最初にいる位置よりも前で捕球することになるからです。
前に転がってくる、あるいは打ち上げられたボールに対してすぐ反応するためには、前傾姿勢が大切なのです。

 

特に内野手は、打者が一塁まで到達するスピードとの競争になりますので、仮に真正面に転がってくるゴロだとしても、待って捕球するようではセーフになってしまうのです。
最初はなかなか恐怖心が拭えないと思いますので、コロコロと転がしたボールを”前に出て”捕球する、持ち替える、投げる。
この一連の動作を、少しずつスピードアップして行うようにしましょう。

 

打球も、ちょっとずつ速度を上げてもらって、最終的には鋭い打球にもアジャストできるようになるまで練習しましょう。
ゴロ処理の例でお伝えしてきましたが、フライの捕球についても一歩目の出だしが重要なのはゴロの処理と同じです。
野手の一歩目の反応はとても重要で、イレギュラーバウンドや大飛球など、さまざまな質の打球に対応できるようになる必要があります。

 

細かいステップの取り方、グラブの出し方、捕球の仕方などは、細かい部分まで考えながら、自分なりのスキルとして習得していくしかありません。一朝一夕に身につくというわけではなく、毎日コツコツと練習を積み重ねることが大切なのです。

 

実戦に近づけるシートノック練習

個人スキルの練習を重ねてきたら、次はシートノック、いよいよ実戦形式の練習に入ります。

 

シートノックとは、9人の野手が試合とまったく同じ形で各ポジションについて、「3回裏、2-2の同点、1アウトランナー2塁」などと具体的なシチュエーションまで決めて、その状況に応じた守備を行う練習メニューです。

 

野球は、一球一球に間があり、「考える」スポーツであるという大きな特徴を持っています。
ピッチャーがどこへ投げるのか、どんな球種のボールを投げるのかをキャッチャーと一緒に考えたり、バッターはバッターで、

 

次はどこに投げてくるのかと予測を立てたりすることが「考える」行為になりますが、7人の内野手、外野手は「もし自分のところに打球が飛んできたら、捕球してどこへ投げるべきか」ということを事前に「考えて」準備しておく必要があります。
それも、強い打球かどうか、飛んでくる位置がどのあたりかによっても、ランナーを刺せるかどうか、中継が必要かどうかなど、判断はその場その場で違ってきますので、何通りものパターンを、あらかじめ頭の中に叩き込んでおかなくてはなりません。野球はバカに向かないスポーツなどと言われる所以です。

 

このような判断力を磨いていくためには、シートノックを何度も繰り返し、いろいろなシチュエーションを想定して守る練習を行うことが求められるのです。

 

今回は、守備練習の基礎についてお伝えしました。
どのポジションにも、守ることの魅力がたくさんあります。
ぜひ、学びながら着実にスキルを磨いてください。

 

 

 

草サッカーチームをJクラブにするためには?最短何年掛かる?

あの有名社長が起こしたスポンサード成功事例“Vファーレンの奇跡”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
スポタカ心斎橋 BIGSTEP本店
住所 〒542-0086 大阪市中央区心斎橋1-6-14
営業時間 11:00~20:00(不定休)
Tel 06-6484-7164(代)
Fax 【B1F】06-6484-7159
【B2F】06-6484-7163
駐車場 【ビッグステップ地下B3F・B4F駐車場のご案内】 ●9:00~21:00 300円/30分 
※最大料金 1,500円(月~土) ●21:00~9:00 100円/60分 ※深夜最大料金 600円(毎日) [割引サービス] ビッグステップで買い物された場合、駐車サービス券を適用
※ 深夜帯のサービス券は適用外となります。※ 21:00をまたぐ場合、サービスは適用されません。
※ 9:00~21:00、21:00~9:00をまたぐ場合の上限は、1,500円 (9:00~21:00) + 600円 (21:00~9:00)となります。
※ サービス券適用後も最大料金は1,500円となります。(月~土)
電車でのアクセス 地下鉄御堂筋線心斎橋駅・7番出口から徒歩3分 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅・5番出口から徒歩3分
お車でのアクセス 阪神高速環状線「本町」または「信濃橋」出口より 御堂筋を経由し約10分